人生を変えるキッカケになった言葉(2/3)

o0721050615033252408 1 - 人生を変えるキッカケになった言葉(2/3)

人生を変えるキッカケになった言葉(2/3)

「君にしかできないものを作りなさい。」

芳村思風先生の講演会・思風塾に、

何回か参加さえていただくうち、
セミナーの手伝いをさせていただくことになった。

 

「変わらなくていい。成長すればいい。」

o0721050615033252408 - 人生を変えるキッカケになった言葉(2/3)

自分を変えたいということは、今の自分を否定していた。
欠点があってもいい。短所があってもいい。
欠点や短所はなくならない。

「欠点や短所は、なくさなくてもいい。
どんな人間でも、長所半分短所半分」

「そのままでいい」ということは
今の自分を認めること。
受け入れることなんだ。

成長すること、その努力しなくてもいいということではない。

次から次へと、自分の中で疑問がとけ、
いろいろなことがつながっていった。

「先生の言葉でカレンダーを作ろう。」

自分と同じように、たったひと言がキッカケで
何かが変わる人がいるかもしれない。

「哲学」という言葉だけで、「自分には関係ない」
「興味ない」と思っている人に
一人でも多くの人に「感性論哲学」「芳村思風先生」を
知ってもらいたい。

講演録や書籍では、難しい。

哲学という言葉や感性論哲学という言葉を一切出さずに
カレンダーを作ろう。

そう思った。

先生に話すと、
「言葉だけなら、誰が作っても一緒です。
君にしか作れないものを作ってください。

「言葉に添えて、絵を描いてみたらどうですか?」

絵なんて、中学校以来、描いたことなんてなかった。
それから1年。毎日絵を描き続けた。
でも31枚も絵は、描けない。

言葉は、31すぐに選べたのに・・・。

t02030407 0203040710301608001 - 人生を変えるキッカケになった言葉(2/3)

「自分を変えたい」

そう思い続けていた。

そんな時、講義の中での言葉。


Source: 芳村思風 感性論哲学の世界
o0721050615033252408 1 - 人生を変えるキッカケになった言葉(2/3)