感性論哲学と感性

o1024057614965677765 1 - 感性論哲学と感性

感性論哲学と感性

o1024057614965677765 - 感性論哲学と感性

芳村思風一語一会 vol.4443
☆☆☆☆☆☆
感性論哲学と感性
☆☆☆☆☆☆

感性論哲学は、
成功と幸せと健康の哲学です。

本物の人間をめざし、
人間の能力の感じる力である
「感性」が持っている
能力や原理が人間の生き方において
非常にたいせつなものだと考えています。

感性とは、心の底から湧いてくる
本音・実感・欲求・欲望・興味・関心・好奇心です。

感性が持つ基本的原理は、
自己保存の欲求と種族保存の欲求です。

この欲求は、人間的に表現すると、
自己保存は「意志」であり、
種族保存は「愛」
として表現されます。

人間的な生き方とは、
意志を実現し、
愛を実現するということです。
この二つを実現することで、
人間は初めてほんとうの意味での
幸福が実現できるとしています。

「感性」の本質は
「求感性」(ぐかんせい)という能力です。

感受性ではありません。

自ら求めて感じようとする力です

「感性」は「感性の3作用」と呼ばれる
調和作用・合理作用・統合作用という
3つの作用を持っています。

「感性」は、この能力によって、
ある状況の中で何が一番適切な行動であるか、
 何が一番適切な言葉か、
優れた判断であるかを常に探り求めながら活動しているのです。

感性は、
常に真実なるものを求め感じる力、
本物を求め感じる力、感動を求め感じる力、
ほんとうに素晴らしいものを求め感じる力
として働いています。

意志を実現する“自己実現”、
 愛の実現による“素晴らしい人間関係づくり”、
そして、そのための行動にも「求感性」と
3作用の力を働かせながら
ほんとうに納得できる、
心を満たすものを最後の最後まで
あきらめることなく求めていくのです。

「これだ」というものをつかむために
感性の求感性と3作用を使うことです。
“コツ”や“カン”はこの3作用の働きなのです。
コツやカンを求感性の働きと一本化せることにより、
心を満たし、
自分を納得させるものを
求め続けていく生き方をしながら
本物の人間の生き方を求めて行くところに
感性論哲学の存在意味があるのです。

※「思風語録」より

やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・

●講演録
「思風語録2」
「風の思い」
「人間関係10の原則」
「感性経営の10原則」
「魅力あるリーダーになるために」

・各 1,100円 税込 

●芳村思風先生の勉強会
コロナの感染状況で変わることがあります
勉強会や講演会、詳しくは、主催者までご確認ください
1回だけの参加もOK
どなたでもご参加いただけます

・9月4日(土)東京思風塾
13:00~15:30 ZOOM講座
参加費:5,000円

※お問い合わせは
思風庵哲学研究所
 


Source: 芳村思風 感性論哲学の世界
o1024057614965677765 1 - 感性論哲学と感性