愛は能力である、愛の実力を成長させる

ai 1 - 愛は能力である、愛の実力を成長させる

愛は能力である、愛の実力を成長させる

ai - 愛は能力である、愛の実力を成長させる

芳村思風一語一会 vol.3596
☆☆☆☆☆
愛は能力である、愛の実力を成長させる
☆☆☆☆☆
『愛』とはなにか。
愛は、情緒感情ではない。愛と恋は違う。
愛は能力であるから実力として成長させなければいけない

・愛とは感じるもの。
・愛とは信じること。
・愛するとは許すこと。相手の短所を許し、長所を見つけてほめて伸ばす。
・愛とは肯定すること。理屈を超えた肯定の心
・愛とは認めること。
・愛は努力して作るもの
・愛とは相手の成長を願う心情。
・愛とは新しい精神文明の核となるもの。
・愛は理屈を超える力。
・愛とは人間と人間を結びつける力。
・愛は人間と他のものを結びつける力。愛はすべてを結びつける原理
・愛は人間関係の力。
・愛とは他者と共に生きる力。
・愛とは他者中心的な心の働き、思いやりである。
・愛は理性を使った努力。
・愛とは「どうしたらいいのだろう?」と悩む心、考える心。
・相手のために努力できるということが「愛」がある。
・人間を愛するというのは不完全な存在を愛するということ。
・自分と同じ考え方の人しか愛せないのは、偽者の愛、自分しか愛せない愛である。
・愛とは、命を生む能力、育む能力、満たす能力。
・愛するとは、相手から学ぶこと。
・包容力は、愛。
・愛とは、今一番人類に必要とされている能力。
・結婚は恋の終わりで、愛の始まりである。
・恋は自然、愛は芸術

求める愛から、与える愛へと成長する。
与える愛は、相手からの見返りを求めないという最高の愛の形となる。

愛するもののために生きる。
万物の父となれ、万物の母となれ
父性愛と母性愛、これが愛の究極の姿。

古来より「愛」は、文学の中でしか語られてこなかった。
愛は、学問の対象とされてこなかった。
愛を能力として捉え、実力として成長させることがこれからの時代の課題。

感性論哲学は、愛の哲学。

「原理原則集 1」より

やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・

※「風の思い」1,000円 + 税 + 送料

●芳村思風先生の勉強会
・4月17日(水)名古屋思風塾
18:00~20:00 WINCあいち
参加費:2,000円

※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所
Source: 芳村思風 感性論哲学の世界
ai 1 - 愛は能力である、愛の実力を成長させる