あの日、あのとき、あの言葉がキッカケだった

25EF25BC259125EF25BC259325E6259725A5 1 - あの日、あのとき、あの言葉がキッカケだった

あの日、あのとき、あの言葉がキッカケだった

25EF25BC259125EF25BC259325E6259725A5 - あの日、あのとき、あの言葉がキッカケだった

芳村思風一語一会 vol.3449
苦難の中にいるときは、周りが見えず、ただジタバタもがいているだけ
あとになって、はじめてわかります、
あの日、あのとき、あの言葉がキッカケだったと。
「人生に無駄なことはない」
この言葉も苦難の中にいる時はわからない言葉ですね。
なんでこんなに苦しまなければいけないのか、と思うだけ。
「乗り越えられない問題はない」
あとになって初めてわかる、信じることができるかどうかです
☆☆☆☆☆
降りかかる苦難の中に使命あり
☆☆☆☆☆
使命は、出会いや出来事の中にある。
命の痛みを伴う体験は、そこに自分のやるべきこと、
使命があるということを教えてくれる。

起こることは、すべて自分に必要なこと。
乗り越えられない問題はない。

どん底まで落ちたとき初めて気がつくことや
出会えない人や見ることができないことがある。
苦しんだからこそ養われる精神力がある。

本物の実力ができる。

「あの日、あの時、あのこと、あの言葉がキッカケだった」
と思える日が必ず来る。

「卓上型 日めくりカレンダー」より

やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・

※「魅力あるリーダーになるために」
~感性型リーダーシップの10か条~
※「感性経営の10原則」
※「風の思い」
各1,000円 + 税 

●芳村思風先生の勉強会
・11月14日(水)大阪思風塾
18:30~20:30 心斎橋
参加費:5,000円

・11月17日(土)熊本思風塾
18:30~21:15 県民交流館パレア
参加費:4,000円(事前申込3,500円)

・11月22日(木)福井思風塾
18:00~21:00 アオッサ
参加費:4,000円

※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所
Source: 芳村思風 感性論哲学の世界
25EF25BC259125EF25BC259325E6259725A5 1 - あの日、あのとき、あの言葉がキッカケだった