たすけてもらうことは、たすけることと同じくらい価値がある

o0220015515000685135 1 - たすけてもらうことは、たすけることと同じくらい価値がある

たすけてもらうことは、たすけることと同じくらい価値がある

o0220015515000685135 - たすけてもらうことは、たすけることと同じくらい価値がある

 

たすけてもらうことは、たすけることと同じくらい価値がある

「人に迷惑をかけないように生きなさい」

子どもに対して言ったことがありませんか?
親から言われたことはありませんか?

 

誰もが言っているに違いない言葉です
やめたほうがいい言葉ですね

誰にも迷惑をかけず、
にひとりで生きている人なんていません。

今日食べた朝ごはん。誰かが育てたお米です。
そのお茶碗もお箸も誰かがつくったものです。
あなたが捨てたゴミは、
掃除をしてくれる人がいるからきれいなのです

「人に迷惑をかけてはいけない」

と思い込むと

「人にたすけを求められなくなる」

何か困ったことがあっても、
たすけを求めれば迷惑をかけることになる。
だから自分1人でなんとかしようとしてしまう。

日本人は先進国の中で自殺が多いのですが、
助けを求めることができないことも原因かもしれません。

「自分さえガマンすれば…」から
「人に迷惑をかけるくらいなら、死んだ方がいい」
と考えてしまうのだとしたら、悲しいことです。

お互いさまです。

困ったときはたすけあうことができるのが人間なのです

たすけてもらうことで、他人を輝かせることができる
たすけることは、「人のために」という利他の精神、愛なのです

相談されるのを待っている人もたくさんいるのです

o0726050914876793944 - たすけてもらうことは、たすけることと同じくらい価値がある

 

 

 


Source: 芳村思風 感性論哲学の世界
o0220015515000685135 1 - たすけてもらうことは、たすけることと同じくらい価値がある