2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問

432023 490304817664527 307041996 n - 2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問

塚越会長はないない尽くしから始めたとのことです。材木屋から21歳で派遣されて、寒天のことは何も知らなかったそうです。そこで擦り切れるほど高校の科学の教科書を学んだそうです。 しかも「寒天」という時代の移り変わりとともに消費量が10分の一にもなったものを取り扱っている業界の話です。しかし、寒天が売れなくなったのは時代の変化ととらえ、研究開発で生き延びてこられました。値段も用途もそのままでは市場は限られる。技術革新で新しいタイプの寒天、新しい寒天の使用法を見出してこられました。世界情勢を先読み、新しい素材を世界中に求められました。 「よそがダメになったのは変わっていくことに対応できなかったから」とおっしゃられます。「開発」と「人材」の二つが合わさったこそ、今までの時代を乗り切って、毎年着実に利益を積み重ねることができたのでしょう。大手スーパーなどとの付き合いをあえて求めず、自分の分にあった「年輪経営」を続けてこられました。そうして「目に見えないもの」の究極である「ブランド」を育ててこられました。

社員の為に
上場しない
健康の為(3交代はしない)
海外赴任をさせない

というのがいかに会社の利益よりも社員を重視した経営をされているか、さらに塚越会長が新入社員に対して必ず講義するのが人間教育という事で「立派な社会人になりなさい」という事で人に対する想いの強さと実践されている素晴らしさを感じる事が出来ました。 今回、秘書広報室取締役室長丸山勝治さんから社是は分かりやすいのがいいという。徹底するのが難しい。それにはトップが直接働きかけることが重要で、朝礼(4箇所)必ず役員が出て説明する。月例会では会長(塚越寛さん)が説明する。月例会は直接注意しやすい。「茹で蛙現象」が見受けられようになった。トップが話すことが良いこと。メールとかではダメで緊張感が違う生の良さだと。社員全員が集まれる場所を作る。そのために「かんてんぱぱホール」を作ったという。またトップになるものは知識や経験や人徳は重要だが一番は熱心さだとのこと。

432023 490304817664527 307041996 n - 2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問189560 490304870997855 1144744606 n - 2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問427202 490304967664512 1572467321 n - 2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問574483 490305137664495 844455375 n - 2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問376355 490305220997820 1089845466 n - 2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問268739 490305270997815 559037835 n - 2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問576049 490304277664581 548388729 n - 2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問561786 490304320997910 70296948 n - 2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問297603 490304387664570 87226054 n - 2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問391539 490304514331224 1691815480 n - 2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問423508 490304670997875 730501113 n - 2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問552565 490304597664549 799392914 n - 2012年8月1日 伊那食品工業株式会社様訪問