今年も8月15日靖国参拝

DSCN1113 - 8月15日靖国参拝の思い出

昨年は終戦70年若人の集い
で著名な方だけではなく、若い世代の方が靖国神社で参拝し、多くの日本の若者と共に世界の留学生に 呼びかけ開催されました。

3 - 8月15日靖国参拝の思い出

11855648 10153203736166925 6006179675480280177 n - 8月15日靖国参拝の思い出

1 - 8月15日靖国参拝の思い出

 

今年は
感謝の心をつなぐ青年フォーラム

13701200 1136580689738169 3959753457007133080 o 1 - 8月15日靖国参拝の思い出

幕末以来、国を守るために尊い命を捧げられた英霊に追悼と感謝の誠を捧げ、私たち若者が世界の平和、友好、繁栄に寄与する
誓いを発信するため8月15日靖国神社で青年フォーラムを開催

戦争を語る時
わたしたち日本人は、とかく加害者の立場に立ち反省ばかりを口にしがちですが
同時にしなければならないのは今の私たちの豊かな暮らしを守るために、命をかけて闘って亡くなられた祖国と家族を守るために止むに止まれず青春を台無しにしても守るものがあったほんとうにたくさんの先輩日本人たちに対する感謝と敬意の心を積極的にあらわすことではないでしょうか。

 

特にそんな想いを抱いた経緯に、遊就館でのひな人形との出会いがありました。

知覧に行った際、5000通近くの遺書は殆どが家族、母親、兄弟、奥さん、子供さんに向けてのものだった事がありますが、家族もなくこれから結婚を迎えるであろう、若い世代の方で身寄りの無い方に対してという事で見たひな人形の思い出は初めて靖国に参拝した20代前半の自分にもちょうど当てはまる年代、背景があり感慨深いものがありました。

 

そして、素敵なご縁に恵まれ

知覧での特攻隊を経験された北島先生も有志の方々と共にお伺いする事が出来ました。

鹿児島の知覧飛行場から、重たい250kg爆弾を腹にくくりつけた飛行機が、沖縄の沖合に群がる米艦隊に向かって、何度も何度も特攻攻撃を行った。(ただし、片道の燃料しか積んで特攻に行っていたというのは嘘でそんな非道な事が出来る整備士はいなかったとも語っておられました。)

北島さん自身も追撃され、海の上に4時間彷徨って助けられた経験があり、その時は
何度も眠くなるのと闘いながら、眠くなる度に北島さんのお母さんが呼びかけている声が聞こえて、

目を覚まして⇒眠くなり⇒目を覚ましての中で助けられたという事です。

また、北島さんは
相花信夫少尉の遺書を受け取り、継母に対して宛てた遺書の話をお伺いする中で、涙なしには語れない素晴らしい話であると。

義理のお母さんに対して、今まで「お母さん」と呼べなかったが、人生の最期に遺書で充てて書いた内容の最期に義理のお母さんに対して「お母さん」と3度書かれており、それを北島さんが実際に義理のお母さんにお渡しした際に、涙が止まらなかったとの事です。

相花信夫 少尉 
陸軍特攻第77振武隊
昭和20年5月4日 特攻戦死 18歳

 

「片道の燃料というのは絶対に嘘」

 

 

 

「1歳の女の子の為に遺書を書いた方の紹介」

 

 

「心底教育をどの様にしていくかを若い人達にやっていただきたい。」

 

靖国参拝