2020年2月6日 いい会社の法則実行委員会 首都圏勉強会

11 - 2020年2月6日 いい会社の法則実行委員会 首都圏勉強会

●日時:2019年2月6日(木) 18:30~20:45(開場は18:15です)
●会場:人形町区民館
〒104-0061 東京都中央区日本橋人形町二丁目14番5号
●会費:おひとり1,000円(会場費、資料代)
※勉強会後、懇親会があります。(2~3千円程度)

ekaishafacebookmoushikomi 1ewrrrr - 2020年2月6日 いい会社の法則実行委員会 首都圏勉強会

過去開催の内容から

「人にやさしい会社になる」

4つの経営資源と言われる人物金情報の中で
いい会社の経営者に共通して見られるのは「人」が大切という事。

人が活かされる職場でなければ、元々情報を持ってくるのも、お金を稼いでくれるのも、物を動かすのも人が原点にあり人を大切にできない、していない所は長続きする経営のモデルにはならない。
それを事例を踏まえて紹介頂きました。

例えばよくあるケースとして
「何で何回も言っているのにお前は分からないのか?同じ失敗をするのか?」という事に対して

出来の悪い人ではなく、理解出来なていない、それは理解する様に話をしていないから
心が離れてしまっている状態でいくら正論を言ったとしても本人が聞く気持ちにまずなっていない。
そこに何度も指摘をされたとしても、その場では対応しても見えない所で不平不満が出てくる。
そうなってしまった人が情報やお金を持ってきてくれるのか?というのを上司や上の立場の人間が考えなければいけない。

人は大切にされないと人も集まらないという事で
これからの時代、少子化の流れがある中において、女性、外国人、障害を持つ方を雇用していく際に
大切にする事を怠っているとそもそも応募が来ないという状況が生れてくる。

人を大切にするという事で何を行えばいいかというと、何をやったらダメなのか?何をやったら不幸になるのか?を知っておく事。

それは過去は変えられるという事と=であの時こういう事があったから会社を変える、考え方を変えるきっかけになった。

元々、いい会社の経営者は最初から何事も全ていい会社であった訳ではなく、様々な試練の中で変わるきっかけがあり、その時に5人を大切にするという考え方が共通している。

1 社員とその家族
企業経営とは,社員とその家族の永遠の幸せを実現するための活動

2 社外社員とその家族
協力工場や外注さん,仕入先,下請けの部品会社,ベンダーさんなどいろいろな言い方がありますが,外部経済で我社の仕事をやって下さっている人は,材料やコストではありません。景気の調整弁でもありません。人間です。これは,非正規社員のことではありません。非正規社員は,1 番の方です。我社の社員ではないけれど,我社の仕事をやっている人々のことを社外社員と位置付けなさいという経営学

3 現在顧客と未来顧客
現在顧客は,今日買い物をしてくれた方,我社に利益をもたらしてくれた方ですが,未来顧客というのは違います。我社の前を通っている人

4 地域住民とりわけ社会的弱者
地域住民というのは,社外社員ではありません。顧客でもありません。会社とは,直接関係を持たない方々も大切にする。とりわけ社会的弱者というのは,自分一人では歩くことも立つこともできないなどの弱き人々です。具体的には,高齢者や障がい者です。その方々の幸せづくりを支援することも,企業市民として大事な仕事だと思います。事実,業績がぶれない会社は,高齢者も障がい者もシングルマザー,シングルファーザーの雇用にも注力している

5 出資者・支援者
株主。しかし1 番目から 4 番目を追求している会社で赤字になった会社は,歴史上存在しないので,結果として幸せになると思います。

 

夢を基本にそれだけで情熱を燃やして達成した人はイチロー選手を参考にしてみるといい。
計画的に物事を運ぶのが基本的な考え方にあり、計画がずれたとしても落ち込むことなく修正するというのを身につけている。そうでなければ日米通算で4000本安打という実績は残せない。

逆に天才肌でどこまでいけるかというと
ドラフト1位で入った選手がその後伸びないというケースとよく似ている。

あるべき姿の中に経営理念があるとした場合、どこかで立ち止まっていないか?という質問をよく行う。それは経営者が勝手にはまっていくケースが見受けられる為。

経営理念発表などでもよく見られるのが自分の理念に酔いしれて、周りが聞いていないというケースがある。聞いて下さいという段階でお願いではなく聞け!というスタンス。空想や願望の現れで経営を続けていくのは難しい。例えば昨日思いついた事業が出来ないかと相談に来る場合いきあたりばったりがおおく、人間的にはいい人でも経営者には向かない。

また、3月28日は第33回「いい会社」の法則実行委員会 中日本勉強会の開催になります。

3/28(土曜日)
18時30分~21時30分

ウインクあいち 1110号室
1000円(資料代・会場代)

勉強会終了後、懇親会を開催を予定しています。
(飲食代3000~4000円程度。)

 

110415487 - 2020年2月6日 いい会社の法則実行委員会 首都圏勉強会

過去、中日本勉強会のつながりで訪問させて頂きましたLFCさん

経営者は経営理念を従業員に浸透させるために、確固たる経営理念と行動指針を明示しているというのが見られまた、明示するだけではなく、従業員とのコミュニケーションを図るなどをして、直接、理念そのものの重要性を伝えている。

一例として

LFCさんに訪問した際に

http://www.lfc-lg.co.jp/index.html
(アパレル物流を主な事業として、単なる倉庫の保管ではなく加工まで対応している会社さん 常務の井上様から「うちもいろんな会社を見学しながらいいところをどんどん取り入れているんです」) クレド作ってみたんですが、なかなか浸透するところが課題になっていたので
常に手に取り目に見える場所に!

手帳形式のサイズでいつでも読み返せる様にしている事など。浸透させる取り組みを本気でおこなっていて、そんななかなか見えづらい所の工夫がされていて
形式的になっていない所が素晴らしく、尚且つ業界的にもクリエイティブというよりかは決まった場所で決まった業務を行う中で
どうモチベーションややる気を維持し続けるかは見習うべき所で、感動するのが御礼の号外新聞が帰り際に渡して頂いた事。
ポケットティッシュにさえも自分の名前が書かれたカードが入って
朝の清掃作業と朝礼を見てまた会議室に戻ってみれば撮影した写真が入ってて
感動の連続!

その根底に

◆大家族主義 「社員は家族である!」

家族が心配している事やもし家族の中で障害を持っている方がいたとしたら何とかしようとしますよね!という井上常務の言葉。言うだけではなく経営幹部の方々が徹底して継続し続ける仕組みを整えている。

117erwre2 - 2020年2月6日 いい会社の法則実行委員会 首都圏勉強会

 

11 486x290 - 2020年2月6日 いい会社の法則実行委員会 首都圏勉強会