2017年6月14日(水)開催、感性論哲学入門講座

感性論哲学入門講座

多くの人達は問題があってから考える。

それは哲学なき生き方
哲学を持って生きるという事が大切。

 

現在は理性から感性の時代に原理的に変化しようとしている。

究極的には科学と哲学の2つの学問しかなく、哲学が学問の1つの柱、もう1つは科学。哲学は人間が幸せになりたいというのが根本にあり、時代時代に合わせて変わってきた。

つまり、現代においては心を求める時代になってきたという事。それが今まで理性的な考えで日々の生活や世の中が動いてきたことがこれからは感性を大切にする時代への過渡期になろうとしている。人間が幸せになる、幸せにする為には理性だけでは難しく感性を取り入れる事でより日々の生活や仕事、人間関係において良好な関係を築くという心が求められる時代。

さらに

人生は愛と意志のドラマ

愛と意志の両方とも力をつけていく事が大切で、どちらか一方ではなく両方とも大切である。
理性能力が知識、技術であるとするなら
愛も能力として育てていくべきものであり、
愛がついていかずに意志だけだと、希薄な人間関係や正しい事は言ってても心では伝わらない、そんな人間関係を作ってしまうかもしれない。だからこそ、愛について学び、育てていく事が人間関係を解決するきっかけになるかもしれない。

愛を学ぶとは、相手に心をあげることでもあり心が欲しいというのは自分の事を分かってもらいたい。認めて欲しい。そして褒めて欲しい。

心をあげる。
心をあげるとは相手が和かって欲しいと願っている事をわかってあげる努力をする

その先にあるのが

感性論哲学は新しい人間の在り方を説いている。

新しい人間の在り方とは縦型社会と横型社会という軸を基に

縦型は支配という構造、支配と命令の管理型
横型は支配は悪という考え方で愛と対話とパートナーシップ

人間が人間を支配する事は大変に空虚でありこれからの社会は縦型の社会から横型の社会へ原理が変化してゆく

愛と対話とパートナーシップとは

競争ではなく、違った能力を持った人と力を合わせ、協力し合うこと、学びあうことで、成長していく。いろいろな考え方から学んで、自分の考え方を成長させていくこと。

DSCN5863 - 2017年6月14日(水)開催、感性論哲学入門講座IMG 20150805 215739 - 2017年6月14日(水)開催、感性論哲学入門講座DSCN0982 - 2017年6月14日(水)開催、感性論哲学入門講座DSCN1622 - 2017年6月14日(水)開催、感性論哲学入門講座DSCN1626 - 2017年6月14日(水)開催、感性論哲学入門講座DSCN1628 - 2017年6月14日(水)開催、感性論哲学入門講座DSCN1679 - 2017年6月14日(水)開催、感性論哲学入門講座DSCN2026 - 2017年6月14日(水)開催、感性論哲学入門講座

 

 

【講座概要】

感性論哲学を学びたいと思う方への入門講座です。こちらの講座を受けてから東京思風塾に臨まれると、理解が深く、多くの気づきが得やすいでしょう。

開催日時:2017年6月14日(水)18時30分~20時30分
開催場所:アイウィルビーセミナールーム
東京都目黒区八雲2丁目15-16

btn 01 - 2017年6月14日(水)開催、感性論哲学入門講座

「感性論哲学」は、芳村思風先生が30数年前から提唱されている「感性」を原理にした新しいこれからの時代の哲学です。
感性論哲学とは
人間の本質は感性で命の本質も感性 それを基準にしているのが感性論哲学
多くの人達は問題があってから考える。
それは哲学なき生き方であり、哲学を持って生きるという事が大切。
哲学は人間が幸せになりたいというのが根本にあり、時代時代に合わせて変わってきた。
現在は理性から感性の時代に原理的に変化しようとしている。
つまり、現代においては心を求める時代になってきたという事。それが今まで理性的な考えで日々の生活や世の中が動いてきたことがこれからは感性を大切にする時代への過渡期になろうとしている。人間が幸せになる、幸せにする為には理性だけでは難しく感性を取り入れる事でより日々の生活や仕事、人間関係において良好な関係を築くという心が求められる時代。
その様な心を基にした感性論哲学を分かりやすく解説しながら実生活に活かしていこうとする講座になります。

感性論哲学入門講座