関東若獅子の会開催

関東若獅子の会

土曜日は関東若獅子の会開催

 

初めての参加の方、久しぶりにお会いする方等々改めて素敵な出会いのきっかけがあるのだなと感じます。 今回は「恩を知りて恩に報いる」をテーマに

<ことほぎ代表 白駒妃登美氏>

「日本人が古来最も大切にしてきたもの、それが恩です。

日本人のことを「感謝の民族」という方もいますが、感謝が気持ちだけにとどまることが多いのに対し、恩を感じたら、その恩を返そうとか、誰かに送ろうとするなど、必ず行動になって表れます。

ですから恩を感じるセンサーを育むことが、日本人の遺伝子をスイッチオンにする一番の原動力になるのではないかと、私は思うのです。」

 

自分が辛く苦しんでいた時、悩んでいた時に助けてもらったこと等、誰でも経験している事かと思います。

決して1人だけで辛く苦しい時を乗り越えてきた訳でもなく生きてきた訳でもない。

その時々の受けてきた「恩・おかげ」を忘れることなく、いつかは恩返しをする時を待つ という生きかたが、人らしい振る舞いという事で、素晴らしい感想文を書かれているなぁと改めて感じます。

自分自身も振り返ってみると、昇地三郎先生がいたからこそ己の努力や行動とは全然別で有難くも身近に素晴らしい存在の方がいてその方が致知に掲載され、若獅子を知るきっかけとなったというのを振り返ると直接ではなく目に見えなくとも結び付けてくれたご縁、御恩を感じずにはいられません。

関東若獅子の会