釈先生の講和会

111 - 釈先生の講和会

明日は釈先生の講和会

人格者であり、ものすごい勉強家な方で
歴史を基に世界の情勢から日本の今後のあるべき教育や経営についてまでもろもろと。

いろいろな活動を通じて
日本の良さ、和の部分を伝えていらっしゃる方で
座禅・写経教室
礼法教室
体験修行
etc

いつもディープな質問をぶつけても快く分かりやすく適切、丁寧にお答え頂きありがとうございます。

釈先生がいつもおっしゃられるのは
「日本人が世界に旅立つ事。そして日本の文化が世界に誇れる人材がどんどん海外に出て尊敬される事」という事で活動されていらっしゃいます。
自分たちのルーツを知る、他人のも知る。その差異を認めながら
新しい文化、文明を創る事が必要と!
崇高な理念を基に地道に10年以上活動されている方です。

釈先生
直心影流師範 じきしんかげりゅう(免許皆伝)

四大老師、禅(臨済宗・曹洞宗)・真言・天台の三宗を兼学する。中部の霊峰高賀山で
「千日回峰行」(せんにちかいほうぎょう)を達成、大阿闍梨(だいあじゃり)となり、
密教の荒行「入水往生」(じゅうすいおうじょう)並びに山岳回峰「六社巡り」を復興、
25年間にわたり継続する。しかし形骸化した僧会に疑問を抱き、普遍的根源を求め、世界宗教
の聖地巡礼を行う。中でもヨルダン川での洗礼や、イスラームの聖地、マッカ大巡礼は偉業と
言われている。更に、マザー・テレサの信仰実践とダライ・ラマ十四世の宗教的覚醒に触れたことが、宗教活動に大きな変化をもたらした。世界の皇室関係や国家元首をはじめ宗教指導者との交流も深く、特にスリランカ大菩堤会会長バナガラ・ウパテッサ大僧上とは旧友の仲である。

釈先生

釈先生

釈先生

釈先生

釈先生

111 486x290 - 釈先生の講和会