胎内記憶教育協会講師養成講座第11期

胎内記憶教育協会講師養成講座第11期

土日開催の講師養成講座第11期開催しました。

松前先生からは「あり方を整える」それが求められる時代になりつつあり
その在り方を整えるにあたって、胎内記憶教育は大切であり、参考になる事を教えて頂きました。

胎内記憶を学ぶと、子供は目的を持って産まれてきている。
その目的はブループリントという人生の設計図を元々子供が創って、最適なお母さんを選んで産まれてきているので
在り方についてを子供の頃の感覚として思い出す事が本来の自分の在り方につながっていく。

さらに、松前先生からは感覚をあえて言語化してみる!という事を教えて頂き
右脳で感覚を感じながら、左脳で言語化してみる(書き出してみる)
その両方の脳を活用する事で、自分の心に落とし込むことができ、自分にフィットする言葉につなげていく事を行うと
左脳、右脳の両方で深まりが出て来る。

松前先生からは。普段メールのやり取りにそれを活用しているとのことで、
その瞬間に思いつく言葉と、改めて考えて最適な言葉
→言語化する事で「自分」だけの感覚から「相手」に対して伝わる感覚になる

 

池川先生からは

魂と次元の話から

平面で捉える人生

立体で捉える人生
について

立体で捉える人生は慣れていない為、誰から教えて貰う事もなくどういう見方をすればいいかがわからない方が多い。

例えば、講座の中で出会う人がこの人はこういう人だな!というのが平面的な捉え方
(見た目、肩書きなど)

これを広い視点(立体的:言い換えると縦横高さの3次元世界)から見る事で情報量が多く入る。
時代的にも、これからは立体の部分も視野に入れて捉える事が大切で

従来のビジュアルで見えるものだけの左脳的な見方では2次元世界から広がらない。

立体(3次元)の視野が入る事によって、感覚が加わってくるとのことです。

なお、情報量については、1秒間に1000万ビットの処理能力を赤ちゃんは持っている。
身の回りに4000億ビットの情報があり、通常は1000から2000ビット程度しか処理出来ない。

子供は1000万ビット処理出来る、その思考を2000ビットしか処理出来ない大人に伝えるのは難しい。
こんな世界があるのだ!という大人が子供の世界を理解するのが
子供が合図やニコニコした笑顔で伝えている。

 

IMG 20110129 180052 scaled - 胎内記憶教育協会講師養成講座第11期

 

IMG 20110129 175827 scaled - 胎内記憶教育協会講師養成講座第11期

 

IMG 20110129 175319 scaled - 胎内記憶教育協会講師養成講座第11期

 

IMG 20110129 164216 scaled - 胎内記憶教育協会講師養成講座第11期

 

IMG 20110129 145941 scaled - 胎内記憶教育協会講師養成講座第11期

 

IMG 20110129 130819 scaled - 胎内記憶教育協会講師養成講座第11期

 

IMG 20200906 164517 scaled - 胎内記憶教育協会講師養成講座第11期

 

IMG 20110130 100107 scaled - 胎内記憶教育協会講師養成講座第11期
胎内記憶教育協会講師養成講座第11期