第2回御代替りを寿ぐイベント【大嘗祭と阿波忌部~貴方の中に宿るもの】

55604059 2077622738958194 9113734299315601408 n - 第2回御代替りを寿ぐイベント【大嘗祭と阿波忌部~貴方の中に宿るもの】

3月末開催で大好評でした

大嘗祭と阿波忌部

次回開催予定が7月14日(日)目黒パーシモンホール小ホールを予定しております。

林博章先生「天皇即位と大嘗祭」をテーマに講演頂く予定で、
的に注目されているのが、大嘗祭、麁服(あらたえ)、新嘗祭(にいなめさい)

天皇陛下の即位にともなう神聖な儀式にあたるのですが
前回の林先生の講演でヒントを得られたのが、単なる知識、伝統としての儀式だけではなく

新時代は
「精神の満足度を求める時代」
「本質と本物を求める時代」
「日本の原点を見つめる時代(原点回帰)」
いつの時代も原点を見つめて新しい時代を迎える事が大切。それによって未来を創る。
その原点を見つめるにあたってのヒントになるのが大嘗祭

 

原点において、天皇陛下の儀式が国民を想っての儀式であらたえの献上は
優れた種を残し、国の力を蓄えるために、種穂神社に拠点を置いた忌部氏が行っていたもので、使用していた麻

麻には霊が宿るといわれ、古代から麻を身に着ける事は身の穢れを浄化するものと捉えられていた。

麁服(あらたえ)とは、阿波忌部直系氏人の御殿人(みあらかんど)が、天皇陛下が即位後、初めて行う践祚大嘗祭の時にのみ調製し調進(供納)する「大麻の織物」を云います。麁服は、悠紀殿・主基殿の大嘗宮の儀で、天皇陛下が威霊を体得される為に神座に 神御衣(かむみそ)として祀るものです。

麁服(あらたえ)貢進は古代より行われていたが、南北朝の動乱で1338年の光明天皇を最後に577年間中断、大正天皇で復活し昭和、平成と行われている。

また、民を想いながら受け継がれてきたのが皇室で
天皇陛下が交代するたび日本の起源となる歴史を再生し現代に蘇らせる役目を儀式を執り行うこと
と、林先生の教えから紐解いていくと

儀式の持つ意味が単なる行事ではなくて、儀式を通じて
時代の求められる生き方を見つめるきっかけになるという事。

変わる必要もあるし、変わらず受け継がれてきたものもあり
日本は建国以来、一度も王朝が断絶した事のない尊い国。その歴史は3世紀ころから21世紀まで途切れる事はなく継承された。
世界を見ても断絶が一度もなく、長く続く事に価値があるとしたら、そこに何かしらのヒントが隠されているのではないか。
本当に素晴らしい王朝や王様だとしたならば、その国民は何としてでも守ろう!という意識になって
守られ続けたのではないかな?と。

日本 125代  王朝の断絶や交代はない 男系継承
デンマーク 54代   ヴァイキングの首長がルーツ 王位の継承は男子優先で女系も容認
イキリス 40代   現王室の初代はドイツ人 王位の継承は男子優先で女系も容認
スウェーデン 23代  現王室の初代はフランス人 王位の継承は長子優先
モロッコ 23代  直系の男子がいない場合は傍系の男子が継承 男系継承
スペイン 17代  現王室の初代はフランス人 王位の継承は男子優先で女系も容認
ネパール 12代  王朝交代があり、血統はつながっていない
マレーシア 12代   各部族長の互選で選出 任期5年
タイ 9代  王位は王が王族男子の中から継承者を任命

awainbe

 

言葉の由来

「あは(泡/阿波)」→「あぶく(泡)」→「あびる・あみる(浴み)」→「あま(海人/天)」
「あは」→「あわ」「は」→「わ(倭人)」

中国人は、日本語の「わ」に、漢字の「倭」を当てた。
日本人は、日本語の「あま」に、漢字の「天」を当てた。

「わ」「あま」は、どちらも、「あは」から派生した海人を意味する言葉であり、同時に、大王を意味する言葉でもあった。

「新唐書」-「東夷伝」日本伝には、
「其王姓阿毎氏自言初主號天御中主至彦瀲凡三十二世皆以尊為號居筑紫城」という記述がある。
「阿毎(アメ)」を名乗る王の、初めての名は「天(アメ)御中主」だったという。
日本情勢を、そのように中国は認識していたのである。
ここには、外国から王家が日本に来たという記述は見られない。

「あは(阿波)」→「あま(海人)」→「あめ(天皇・大王)」

 


 

農業の視点からは林先生の講演から

※剣山系の農業を守ることは、日本屈指の植生や生態系を守ることにもなる。

歴史が続くには農業と共に信仰があったという事で

剣山系の伝統農業を支える信仰と習俗について第1段階から第8段階までの流れに沿って解説頂きました。

3000年に亘る信仰の重層構造として

第1段階:縄文後期から原始信仰:アニミズム 影信仰(遺跡)、石窪信仰(遺跡)、石棒のマツリ、立石列石(ストーン、アライメント)

第2段階:縄文晩期~弥生:原始信仰の発展、特定の事物にカミ、精霊が宿る観念(カミ信仰) 森内部に簡素な石囲い(石殿)、立石列石、立石(メンヒル)

第3段階:弥生~古墳時代(本格的な農耕の開始):本格的なカミ信仰と斎場の形成 集会所としての斎場の形成「盤座」(巨石)信仰、「盤境」の形成、四至石などの結界的遺構、神山信仰(神奈備山)、銅鐸、銅剣のマツリ、祖霊信仰(氏神)、古墳祭祀

第4段階:古代(飛鳥、白鳳、奈良時代) 「社」(神社、ヤシロ)の成立 仏教の流入、修験道の成立

第5段階:奈良時代~平安時代:神仏習合思想の成立 山岳仏教(真言宗)、修験道の発展、仏像、御堂、芸能の成立

第6段階:鎌倉時代 鎌倉新仏教の流入、浄土宗、浄土真宗、念仏踊り

第7段階:室町時代 芸能の発達、板碑(供養碑)の流行

第8段階:近世(江戸時代以降) 御堂文化の隆盛、お大師講などの共同体を維持する講制度、庚申信仰(庚申塔)、地神さん(地神塔)、秋葉信仰(秋葉神社)、不動信仰(不動明王)、大師信仰(大師像)、地蔵信仰(地蔵さん、六地蔵)、お接待文化、遍路文化など

従来の
・古い、貧しい、非効率、前近代的な遅れた山間部の農業から
限界集落化を防ぎ、豊かな日本国家創生の原点となる【ソラ世界】の最興を目指したい。ソラ世界においては、徳島剣山系の多種多様な傾斜地農業において
標高、傾斜度、日照量、気候、地勢、地質に応じ作物を栽培し、適地適作農業を営んでいるのが剣山系における傾斜地農業の最大の特徴である。

忌部は宗教改革もおこなった。
(倭国創生、つまり大和王権を成立させるに至り、現在にまで続く宗教改革を行った。)

傾斜地農業は、結構な角度で、それが平地と比べると空気が滞留せずに循環し続けるのがいいみたいです。日本列島の中で火山活動の影響を受けていない特殊な地域で、農作物の栽培に不適な火山灰土壌(酸性土壌)が非常に少なく、農耕に適した土壌でもあります。

日本の農業のルーツは阿波忌部族がもつ古代農法にあるのではないかとの事で、衣食住全てを伝えていたのが阿波忌部族。それを現代に紐解くと「地方創生事業」の大本として展開したのが阿波忌部族であり、阿波忌部族が行っていた古代農法を知り、それが数千年もの間、伝統が絶えずに続き、継承されていた農法を知り、行う事が次の時代への新たな気づき、そして文化を継承し守り続ける大切さを知る事は阿波忌部を学ぶ事につながるであろうと。

DSCN1185 1 800x600 - 第2回御代替りを寿ぐイベント【大嘗祭と阿波忌部~貴方の中に宿るもの】33555r32 - 第2回御代替りを寿ぐイベント【大嘗祭と阿波忌部~貴方の中に宿るもの】DSCN3665fredwrfew - 第2回御代替りを寿ぐイベント【大嘗祭と阿波忌部~貴方の中に宿るもの】gte4tgrtr54w343 - 第2回御代替りを寿ぐイベント【大嘗祭と阿波忌部~貴方の中に宿るもの】rewtf44r32r32 - 第2回御代替りを寿ぐイベント【大嘗祭と阿波忌部~貴方の中に宿るもの】tgr54g54rt34rt - 第2回御代替りを寿ぐイベント【大嘗祭と阿波忌部~貴方の中に宿るもの】y45y4t453 - 第2回御代替りを寿ぐイベント【大嘗祭と阿波忌部~貴方の中に宿るもの】

日時:7月14日(日)19時~21時

会場:目黒パーシモンホール(小ホール)

詳細確定次第、HP,facebook,LINE@にてお知らせ致します。

徳仁今上陛下は大嘗祭という一世一代の宮中最大にして最高の儀式を経て本当の意味の天皇陛下と成られます。
歴代125代の天皇の霊威を引き継ぐために大切な儀式であり、霊の依り代としてのアラタエ(大麻の布)が大変重要な役割を果たします。

55604059 2077622738958194 9113734299315601408 n 486x290 - 第2回御代替りを寿ぐイベント【大嘗祭と阿波忌部~貴方の中に宿るもの】