用語集でSEO対策を行う!

今回は
普段何気に目にする「用語集」が実はSEO効果がある!
という点について記載したいと思います。
まず、用語集の良いところは次の4点に集約出来るかと思います。
1)ページがシンプルなテキスト構成で良いので作りやすい!
2)どんどん追加しやすいので、更新頻度を高められる
3)SEOに強い!
4)会社がカバーしていない領域のページも作れる


1)ページがシンプルなテキスト構成で良いので作りやすい!

1つひな形のページを作成してしまえば、あとは
何ページでも、文章を入れ替えるだけで作成できます。
目次もシンプルで、何単語になったら完成という決まりがないので、
期日に迫られる事なく、空いた時間を利用して取り掛かる事が出来ます。
2)どんどん追加しやすいので、更新頻度を高められる

基本的には単語とその説明文になりますので
画像を作成する、ページのレイアウトを作成するという事もなく
テキストで作成した内容をそのまま反映させるだけで完了します。
3)SEOに強い!

用語集は、テキスト重視で作られるために基本的にサーチエンジンに
相性の高いページになります。
例えば「SEO」という用語を解説するなら、
「○○とは」と一番検索してほしい言葉を
本文の先頭に書く(タイトルに書く)のが基本です。
これもSEOには非常に効果が高いです。
4)会社がカバーしていない領域のページも作れる

用語集は辞書!という認識を持って頂ければと思いまして
そうであるならば、項目が広くバランス良くないと訪問者を満足させられません。
逆に言えば、その会社が商品の形でカバーしている領域外のことも
気軽に扱うことができる数少ないコーナーだと思われます。
競合他社だけがカバーしている領域でも自社に連れてくることができる
というメリットもあります。
今回はテキストで作成した内容をそのまま制作業者に依頼する。
もしくはご自身で更新作業できる方であれば、ページのレイアウトさえ決まれば
テキストのみ挿入していく
というあまり負荷がかからない形のものかと思われますので
是非ご参考にして頂ければ幸いです。