東京思風塾、次回9月13日(日)開催になります。

東京思風塾

9月13日(日)「愛の本質とは何か~愛の空間的本質~」

o4299303514803070141 1 scaled - 東京思風塾、次回9月13日(日)開催になります。

対談記事を見ている中

「人生で最も影響を受けた本」
大倉忠義さんが『人間の格』
村上さんが『いまこそ、感性は力』

の2つをあげていて、
「最初に読ませていただいた時はもう分からんことだらけでした。なぜそもそもこの2冊なんだろうというのが正直な感想でしたし、やっぱり哲学は難しいと。そんな入り口で、分からない言葉はメモを取って調べながらだったんですけれども、気がつくとスラスラと最後まで読み終えていました。読んでいる途中で、一度本を閉じ、目を閉じ、天を仰ぎ、“うわっ、なるほど”と噛み締める箇所がいくつかあったんです」

117669593 754185188679725 5665616067584110545 n - 東京思風塾、次回9月13日(日)開催になります。

行徳先生から最近聞く事として
人間の深さの部分
安岡正篤先生の言葉に「有名は無力、無名は実力」

他人の目を基準に生きてる人が多いという事だと思いますが

お釈迦様は書籍を残さず、亡くなるまでの間歩き続けながら対話を行い続け
イエスキリストも同様、生前に聖書は残さずお弟子さんが書き残し普及につながった。
安岡先生も森信三先生もずっと無名の時代が続いていた。

広める、普及するのは、学んだ私たちが担っている役割というのも前回お話がありました。

「不完全を生きる」
どんな立派に見える人でも長く付き合えば嫌な面も見えて来る。ただ、それが人間でありそれでいい。
そういう人間観を持たないと愛する事が出来ない。
短所が出て来るものであり、それを指摘、否定するのではなく許し、認め、補うという自分の方の心がけが大切

 

講演の最後に、東京思風塾 世話人の松前先生から

この時代を選んで、日本を選んで、思風先生と出会う事を選んで産まれてきた。

出会ったからには、聞いただけではなく、年々愛を深めていく義務があるのではないか。
選んできたなら選んできたなりに活動していこうとメッセージを頂きました。

東京思風塾