昨日は哲学の会

昨日は哲学の会に参加
講師はスワン海津社長

元々スワンさんはヤマト運輸の子会社として当時小倉昌男社長が個人資産で財団を作り、ヤマトと財団で障害者の何らかの形のアシストが出来ればと始めた事が元々のスタート
強烈な印象のある方で
生生しいトーク炸裂という感じでした。が、重要な所はしっかり、重く語るという
その後も頭の中に残るプレゼンをされた感じで
・スワンをやりたい人に→障害者雇用だからといって甘えるな!身銭を切って出したお金だからこそ踏ん張れるんだ!(=継続する事)
リーダー像について
・自分の時間をどこまで使えるかがリーダーの役割
・人にやらせてできる程、会社の経営は甘くない!(=現場重視)
そして障害者雇用については
・自発的な意思決定を引き出す為に働いている人の心の満足度がないと駄目。
仕事の与え方は「主人公であること」を意識して小さな成功体験をいかに早く持たせるかが大事。
人は必要とされて伸びる!
認めて、信じて、支え続ける

また、障害を持っていたとしても熱中して頑張り続けるのは健常者以上との事で、上から目線で仕事を与えてあげる。ではなく、健常者でも見習う事が多いんだと
お互いインスパイアされる関係でやっていきたいとの事。
最後に
「継続することの大切さ」
残念ながらまだまだ障害者を雇用する会社
雇用して充実した仕事が出来る会社
を考えるとまだまだ少なく
そして、寿命も健常者と比べるとさほど長くない中で
小さい頃から親から叱責されて自己否定の塊で生きてきた子が多く
家庭、子供を持つ事も大変厳しい中
その子の人生で生きがい、やりがいを持てる唯一の場所である可能性が高い。
その場所を無くす事は絶対にしてはいけないとの事でした。