チャクラとは?

f2fbf5956bb2ba429d95ef36c1c7a046 600x406 - チャクラとは?

チャクラは「車輪」や「渦」などと訳されます。チャクラは常に回転していることから、「回転」の意味も含まれています。頭から胴体へと縦に配列された車輪のようなエネルギーとして描写されます。チャクラは高次元のエネルギーを取り入れて、体内で利用可能なかたちに変換する場所です。別の言い方をすると、思いや感情を身体とつなげるツボになります。

チャクラの意味と働き

人間は生きている限り、つねに体に外のエネルギーを取り入れています。このエネルギーは、私たちが生きるために、食べ物や空気と同じように不可欠なものです。

そのエネルギーの出入り口となるのがチャクラです。チャクラとはインドのサンスクリット語で「車輪」「糸車」を意味する言葉で、主要なチャクラは、お尻の脊骨から頭までに7つ、体表からは少し離れたところに並んでいます。ふつう目には見えませんが、虹の七色で成り立っています。

7つのチャクラの色と意味

 位置カラー特徴
第一チャクラ尾てい骨赤(ルビー)生命力・現実を生きる
第二チャクラおへその下温かいオレンジ自立心・創造性
第三チャクラ温かい黄色自信・活力
第四チャクラ心臓エメラルドグリーン愛・感情・情緒
第五チャクラサファイアブルーコミュニケーション・表現力
第六チャクラ眉間藍色叡智・直観力・スピリチュアリティー
第七チャクラ頭頂部高次とのつながり・人生の目的
  • 第一チャクラ・・・ブレない、安定性、バイタリティ
  • 第二チャクラ・・・人生を楽しみ喜ぶ、人生に対する情熱、創造性
  • 第三チャクラ・・・責任能力、パワーを最大限に活用する
  • 第四チャクラ・・・無償の愛、低次と高次の意識の統合
  • 第五チャクラ・・・コミュニケーション能力、表現力を高める
  • 第六チャクラ・・・直感力、超感覚、真実を見通す
  • 第七チャクラ・・・高次のスピリチュアル能力の覚醒、高次との統合

第一チャクラ(尾てい骨・赤(ルビー)・生命力、現実を生きる)

第一チャクラは、生命力に関連していて、身の危険を感じた時に信じられないような強い力を発揮して、生き抜くことができます。

 

肉体のどの腺にも属していませんが、第7チャクラと対になっています。

 

第一チャクラは、足のチャクラとも繋がっています。

そのため、第一チャクラが正常に働いていれば、大地からのエネルギーを受け取ることができ、地に足のついた状態でいることができるのです。

 

第二チャクラ(おへその下・暖かいオレンジ・自立心、創造性)

第二チャクラは、感情と性を意味していて、男性という性、女性という性の役割の本質をつかさどっています。

また、感情を伴った、男女間の性交も意味しています。

 

先祖の情報は、第二チャクラに入っています。

前世で虐待を受けていると、このチャクラが閉じている可能性があります。

 

また、今生でも性的に虐待を受けたり、不快な経験をしていると、このチャクラが正常に機能していません。

そのため、男女関係や人間関係が上手くいかないのです。

 

第三チャクラ(胃・暖かい黄色・自信、活力)

第三チャクラは、思想、知性、そして、霊的な免疫システムの中心になるチャクラで、副腎と膵臓に関連しています。

 

第三チャクラが正常に働いていると、危険が迫ったときに熱くなり、第二、第四チャクラを保護しながら閉じます。

 

第三チャクラに問題があると、胃、腎臓、背中などに不快感があり、また近辺のチャクラが閉じていたり、濁った色をしている可能性があります。

 

精神と肉体の情報交換を支える大切なチャクラです。

 

 

第四チャクラ(心臓・エメラルドグリーン・愛、感情、情緒)

第四チャクラは、自分や他人を愛する能力と同情する心を含めた、受容を意味していて、手のチャクラと関連しています。

 

第四チャクラが正常に働いていないと、人を愛することができず、また愛を受け取ることができません。

現代人は、第四チャクラに問題がある人が多いと言われています。

 

第五~七の精神のチャクラと第一~三の肉体のチャクラの情報交換を行う重要なチャクラです。

 

 

第五チャクラ(喉・サファイアブルー・コミュニケーション、表現力)

第五チャクラは、首の付け根に位置していて、甲状腺や副甲状腺に関連しています。

 

霊界からメッセージを受け取り、それを現実的、目に見えるものとして表現するチャクラです。

 

第五チャクラに問題があると、肉体面では、首、喉に痛みがあったり、頭痛が起きます。

 

精神面では、成長や変化を拒絶し、他人の意見に耳を傾けず、コミュニケーションや霊界とのコンタクトができません。

 

 

第六チャクラ(眉間・藍色・叡智、直感力、スピリチュアリィティ―)

第六チャクラは、眉と眉の間にあり、脳下垂体と関連しています。

 

物事をあるがままに見つめて、事実に基づいて判断するチャクラです。

 

このチャクラが正常に働いていると、透視ができ、他人のためにエネルギーを使うことができます。

 

第六チャクラに問題があると、頭痛が起きたり、集中して物事を考えることができなくなる、あるいは不眠症になることがあります。

 

また、第七チャクラから受け取った情報、知恵や知識を処理することができなくなります。

 

第七チャクラ(頭頂部・紫・高次とのつながり、人生の目的)

第七チャクラは、唯一身体の外に位置するチャクラで、現実の世界とは繋がっていません。

 

守護霊、天使、あるいは神(宇宙の創造主、絶対神)からのメッセージを受け取り、下層のチャクラに伝達します。

 

第七チャクラに問題があると、宇宙のメッセージを受け取ることができません。

また、霊界からのアドバイスも拒否します。

五感だけに頼って、直感が鈍ってしまいます。

 

宇宙と直結していて、全身に影響を与える重要なチャクラです。

 

 

チャクラの仕組み

チャクラにエネルギーが流れ込む

私たちの体は低い周波数を持ちます。その体の周りには周波数の異なるいくつかの層があります。体の周りを覆う層の一つはエーテル体です。これは科学的にも検証されはじめています。エーテル体の外側にはアストラル体、さらに外側にメンタル体、コーザル体・・という周波数の異なる層(より高い周波数の層)があると言われています。コーザル体からメンタル体へ、メンタル体からアストラル体、アストラル体からエーテル体へとエネルギーが変換していきます。ここでいうチャクラは、そのエーテル体に位置し、周波数の高いエネルギーを体内へ変換させています。

チャクラを通じてエネルギーが変換し循環する

周波数の高い、高次のエネルギーがチャクラを通じて体内に入ると、その変換されたエネルギーは、ホルモンの変化をはじめとする様々な生理学的な変化に影響を与えます。チャクラを通じて体内に入るエネルギーは「プラーナ」とも言われます。ヨガではよく呼吸からプラーナを取り入れると言ったり、アーユルヴェーダでは食物からプラーナを取り入れると言ったりします。プラーナとは生命エネルギーとも訳されます。私たちの生命活動に不可欠なものと考えられています。チャクラを通じて体内に入ったエネルギーは、ナーディという管を通じて体全体に運ばれます。

チャクラとナーディ

チャクラはチャクラ同士、また体全体の様々な臓器や細胞と密接につながっています。その仲介をしているのが「ナーディ」とよばれる細い管です。ナーディはアーユルヴェーダ独特の考え方ですが、中医学でいうと経路と似た概念になります。西洋医学では認知されていません。ナーディの多くは実際の神経に並行して存在します。(経路は微小管という実際に認識されているものと対応しているところが違います。)72000本存在するとも言われています。チャクラから入ったエネルギーがナーディを伝わって私たちの体全体に供給されています。ナーディは神経系とも複雑な相互関係を持っているので、脳、脊髄、末梢神経系における神経伝達にも影響を与えていると考えられています。そのため、チャクラやナーディに何かしらの問題が生じると、神経系にも何らかの異常が生じると考えられます。