インタビュー

SHINWA SPORTS ACADEMY 代表 山城裕之様インタビュー

新たにスタートした社会起業大学11期の有志の皆様と中心メンバーとなる榮さんプロジェクト

いつの間にかご縁を頂いており、トントン拍子で活動が動きながら、社会起業、社会貢献を本気で行っている方々のインタビューをしながら

単なるインタビューだけではなくオリジナルのエッセンスを取り入れるには何をすれば!!とMTGしながら動きながらインタビュースタート!ということで

〇ステージ1
月に2~3本のインタビュー動画を撮影(目標は、2017年までに、100本の動画を撮影する)。

〇ステージ2
インタビュー動画を入り口にして、社会貢献事業をされている企業様、または個人事業主の方のプロモーションムービーを作成する。

〇ステージ3
映像からリアルへ、人と人を繋ぐアクションを起こす。
社会起業家という働き方をテーマとした、企業と働く人とのマッチングイベント&セミナー開催。

〇ステージ4
日本から世界へ。
資本主義に替わる「幸福論」、新しい生き方(社会起業または社会貢献に参加する生き方)の提案と発信。

〇ステージ5
個人的野望(笑)社会起業をテーマにした長編ドキュメンタリーまたは実話を元にした映画を撮影して、国際映画祭に出品する。

 

記念すべき1人目

SHINWA SPORTS ACADEMY 代表
山城裕之様

「格闘技ジム フランチャイズプロジェクト」

「日本の武道から学んだ、強いからいい、勝てばいいではなく人間性を磨く心の部分を世界に向けて発信していく」、「格闘技から受けた恩恵を忘れずに恩返しする」

そんな素敵な志を基に山城氏が代表を務めているSHINWA SPORTS ACADEMYでは、日中は介護施設で働いていただき、夕方以降はプロの選手として活動。仮に怪我などで早期引退しても、介護職でやっていける道もあり

世界最強の日本人を育成するビジネス 格闘家のセカンドキャリアを創造

「ジム経営」をフランチャイズ化することにより、引退した格闘家がジム経営に携わりやすくなります。
また、慢性的な人材不足に悩む介護業界や外食サービス業界の企業に、法人加盟を提案。
これにより、選手は実業団制度を利用して世界を目指すことができます。生活の基盤を手に、競技に集中して挑むことができれば、必ず世界の舞台で通用する強さも備わります。また、引退後のセカンドキャリアも準備することができます。

という事で活動されていらっしゃいます。

 

 

ビジネスの力で格闘技の問題を解決したい

格闘技が氷河期の今、かつて選手だった方が選手の目線で何とかしようとしていたが、このままでは縮小していく中、ビジネスの力で格闘技の問題を解決していこうと。

 

DSCN4029 1024x768 - インタビュー DSCN4012 1024x768 - インタビュー DSCN4025 1024x768 - インタビュー
SHINWA SPORTS ACADEMY 代表 山城裕之様インタビュー