webマーケティングに重要な事:ホームページは会社の姿

ホームページは会社の姿

ホームページは会社の姿という事で
東商の記事から役立ちそうな記事をご紹介。ホームページは会社の姿

ある会社や商品について知りたい時、ホームページにアクセスします。
それは信頼出来る情報だから。一方でよく見せようとしすぎる余り、お化粧しすぎていないかという警戒心も必要です。

ホームページは自己紹介と同じ。そのコツは自分を相手にどんな風に見てもらいたいか?
という目的を持って自分の色んなUSP(独自の売り、特徴)やUDP(差別点)の中でもっとも適切なものを短時間で的確に表現する事が求められる。

ライバル数社のホームページの比較

どの点が優れ、劣っているのか?を把握しライバルよりも魅力的な姿にすることでアクセス数(訪問客)を増やす事が可能。
来客が増えれば顧客が増える可能性もある。

顧客ニーズを先取りして、商品に関する技術情報をはじめ、顧客の興味を先取りした情報、背景、物語、開発者の意図などを積極的にホームページに開示する。
つまり、自分の生い立ちや性格や特徴、業績等どこを強調するかを考えて言動する姿勢が多様な顧客の満足度を孝枝、商品購入意欲を決心に導く。
小さいな会社は自社メディアであるホームページのみならずメルマガ、ブログ、ツイッターなどフル活用すること。

「マネーよりバリュー」
人々は豊富な情報量と検索スピードによって他人の判断よりも自分の判断で決めていく傾向にある。
したがってクリックしてホームページを訪れる人達を大切にすべきです。
多様な人達の要望を満足させるようにリアルタイムに詳細かつ幅広い情報を満載
しておくのがオススメ。ホームページは会社の姿