webマーケティングの人材活用の事例

webマーケティングの人材活用

今回は経営者通信から
へノブファクトリー様のwebサイト運用代行を在宅ワーカーさんで展開しているケースをご紹介。

元々在宅ワーカーのというと低価格での下請けでの対応が多い印象があり、最安値を提示した方に対して部分的に発注する。
ただし、いくら低コストでもデザインの改善だけでは売上げが期待出来ない。
webマーケティングの基礎知識を持った在宅ワーカーを活用すればコストをかけずに質の高い戦略立案やサイト運営を行う事が可能という事で

効果のあるwebマーケティングを推進するにあたっては
弱点診断に基づいたサイト改善策、費用対効果の高い集客策の立案、それをカタチにするデザインやコンテンツの制作
この3つを前段階として行う必要があり、改善策をサイトに反映させつつ販促策を実施。

webマーケティングの人材活用

それがコンサル会社が絡むという場合に
コンサルタントには実作業能力、クリエイティブスキルが難しい為別の委託先にコストをかけて外注せざる負えない。
となると施策の意図、目的、サイトの想いなどが伝わらずに失敗に終わる可能性が高いと。