女性、主婦層ターゲットにしたLINEの事例、母親は他の母親の意見を信頼する傾向がある

今回はママスタジアム(ママ向けコミュニティ)のWEBサービスランキング2014から

LINEの利用率は70%を超えついでクックパッド、楽天、facebook、ヤフー、アメブロと続き
2012年の調査からスマートフォン利用率は23%から84%へ成長!

日常で連絡を取るのがもはやメールからLINEに切り替わっているという事で非常に注目しています。

という事で、いかにこの情報を活用するかを考えねばなのですが、考え付かない時は事例から探るということで

実際の企業側での事例を何点か

GM:有力ママブロガー15 人とその家族に車両を貸し出して旅行に出てもらい、その体験をブログに書いてもらう車両販促キャンペーン。

マクドナルド:子供向けミールを低脂肪に刷新したのを機に、ママブロガーとその家族を本社に招待し、同社幹部との会合を設けたり新商品の試食会を行った。同社はブロガーを起用した理由を「低脂肪ミールを広めるためには、(新商品について)まず親に理解してもらう必要がある。ママブロガーは横のつながりが非常に強く、ブログで紹介された情報は迅速に伝わるし、母親は他の母親の意見を信頼する傾向がある」と説明。

いずれも口コミでのブログ事例という事でLINEの方からは

LIP SERVICE
10代~20代前半をターゲットとした、女性ファッションブランド。

※メッセージの第1弾として、週末のセールの告知をしたところ、前週対比で売上が50%増となった。

LINE@アカウント開設後2012年12月下旬の先行セール告知キャンペーンの効果があり、対前週比150%、数千万円の売上UPを達成しました。わずか1,2週間で売上効果を得られた

LINE@への流入元は概ね ECサイト50%、メルマガ・ソーシャルメディア30%、店頭20%という割合で「2013年3月末に自社ECサイト会員を対象にアンケート調査をしたのですが、その結果によると4人に1人が「入荷・キャンペーン情報をLINE@で収集している」

 

ネイルサロンモア
Anecan掲載のリピート80%『かわいいネイルをお手頃価格』で提供

スタッフの人数に対して予約数が少なかったため、”本日のご来店で500円引き”のメッセージをリアルタイムで配信し、当日8人が予約・来店!!

 

まだ、さほど知られていないかもしれませんが、お金をかけずに事例を作るという点では注目すべき内容かもしれません。
こちらに様々な情報がありますのでご参考になれば幸いです。