中小企業においてwebの選任の担当者がおらず、運用に多額の予算もかけられない。

今回も経営者通信の記事から

殆どの中小企業においてwebの選任の担当者がおらず、運用に多額の予算もかけられない。
では、どうすればホームページを効果的に運用出来るのか?

3C分析を基に分析から運用までを一貫してサポートしてくれる制作会社を選ぶ!
WEBの場合、広告代理店、SEO会社とそれぞれの得意分野にサービスが偏る為に、費用対効果の面で期待しづらい。

総合的かつ中立的な立場でアドバイスが出来て実績豊富なところ。
完成後も専任のコンサルタントが定期訪問し毎月の解析レポート共に運用・改善を行う事での高い費用対効果を。

トップが積極的に関与すべき
WEBが有効活用出来れば経営者に大きなインパクトをもたらす事が出来る。
検証と改善を続けられる体制が整っていなければパートナー選びが大切と。.

なるほど!と思わせてくれます。対応内容は細分化されてきているものの、ニーズは幅が広がっている現状もあるという事でますます仲介者(橋渡し役)の役割が求められてきているというのも最近感じるところです。

中小企業においてwebの選任の担当者がおらず、運用に多額の予算もかけられない。