ネットで楽に儲けるのはもう難しい。

今回はBLOGOSさんからの面白い記事

ツールは「高速道路」のようなもので、それを利用すれば「ある程度のものを迅速に作る」ことができます。しかし、これだけでは差別化が難しく、結局大渋滞(競争過多)になってしまいます。

なるほど。作るツール(制作費)などは今後もっと便利なツールが出てきて格安になっていくと。ただ、そこにおいて差別化をどう行うかは難しいという事で、以外とWEBを行い続けていくにはマインドが重要!と


儲からなくても続けられるか?情熱を維持できることに取り組もう
「儲からない時期が続いても、オレは絶対に諦めない」と断言できるくらい、情熱を維持できることに取り組むことが大切です。

たとえばブログメディアの立ち上げなんかだと、どうしたって最初は赤字になります。固定読者が獲得できるようになるまで、軽く1年は赤字の期間を見積もっておいた方がいいと思います。この1年の「儲からない時期」を乗り越えることができないようなら、ブログメディアなんぞ立ち上げるべきではありません。それは、情熱が足りないということですから。

ブログに限らず新規事業はだいたい同じで、イノベーティブであればあるほど、最初は儲からないものだったりします。その辛い時期を乗り越えて何とか黒字化できるプレーヤーが、本当に世界を変えることができるんじゃないですかね。
「とりあえず思いついたから、ちゃちゃっとアプリを作ってみて、市場に受け入れられるかテストしてみる」式のマーケティング・事業開発は難しくなっていくのでしょうね。