ネットで「おもてなし」が実現出来る?

おもてなし
という言葉が最近騒がれ始めていますが
実際に事例として今後伸びそうな面白いサービスがあります。

ライブパーソン」のライブエンゲージというサービス。
チャットをベースに即時対応で質問したり
サイト上の利用者の行動を10秒ごとにモニターして、利用者の複雑な行動を把握したうえで、過去のデータベースなどから次の行動を予測もできます。

ライブパーソンによると顧客の平均成約率は20%増え、平均購入額も35%伸ばしたという。英ヴァージン・アトランティック航空では、チャットに応じた利用者の22%がチケットなどを購入し、平均購入額も15%増加とのことです。
もともとアメリカで生まれた企業ですが、12月4日付で日本法人「ライブパーソンジャパン」を設立
平均で月100万~200万円程度。日本でも米国と同じく金融や通信、IT、旅行、ネット通販などの業界に売りこんでいく考え

まだまだ中小企業が導入に踏み切るには金額の問題がありますが
実際に導入された場合にどうなるのか?

より対面に近づけるおもてなしサービスがWEB上でも展開していくのか
ただし、常に対応する為に数が多くなってきた際の対応(オペレーション体制)を大手ではなく中小企業がどう築いていくのかの視点でクリアする事がテーマになるような気がします。