ウェアラブルテクノロジー、ウエアラブルの事例

今回は
ウェアラブルテクノロジー、ウエアラブルは、世界を変えるか?

の事例ご紹介という事で富士通が今月18日、作業現場を支援するグローブ方ウェアラブルデバイスを開発を発表しました。

簡単に言うと「作業対象にタッチしてその対象に関する作業指示を入手し、簡単なジェスチャで作業結果を入力するようなソリューションが構築」という事で
作業対象物に張り付けたNFCタグを指先でタッチするだけで、関連する情報を入手

その様なモデルです。
詳細はこちら

普及する事による情報共有、伝達が成り立つかとは思います。

難しいのが決まりきった内容であればいいのですが、受け取り側と指示側の解釈が異ならない事を望むばかりで、よく言われるCRMのツールにおいても情報が常に見れるメリットと、常に誰にでも共有できているからという安心感から来る「ツールに入れたからいいでしょ」的な発想で頭の中に残らないというのを防ぐことを最初にやらなければいけないのかもしれません。